iCureを日本各地に

スーパーバイザー

石原 脩剛ISHIHARASHUGO
21歳 柔道整復師・鍼灸師 大阪医療技術学園専門学校 卒業
学校に通いながら鍼灸院に弟子入り
22歳
23歳 ぴーす鍼灸整骨院(当時) 入社
東梅田院 配属
24歳 心斎橋・淀屋橋院など転々とする
25歳
26歳 院長 東梅田院の院長に
27歳
28歳 スーパーバイザー スーパーバイザーとして複数院を担当

今ではスーパーバイザー。入社前の想像をはるかに超える成長ができました。

東洋医学に興味をもちはじめたのは、スポーツ進学をした高校で出会ったトレーナーの鍼灸師さんから、鍼1本で身体を治すことができるという魅力を教えてもらったことから。それから鍼灸師の道を歩みはじめました。
独立開業の夢を叶えるためには技術だけではなく経営を学びたい。そんなときに耳にしたのが「大阪に1年で複数の院を開業させ成功しているすごい先生がいる」という噂。それがぴーす鍼灸整骨院で、今の浜口副社長でした。
ぴーす鍼灸整骨院に飛び込んで4か月目。過去最低の数字をたたき出してしまうという残念な結果に。自分たちに何が足りないのだろうと日々考えました。
そんななかで先輩方が気付かせてくれたのは、本来大切にしないといけない「患者様のことを想う」という原点。そこに向き合うことで半年後には軌道にのり、1年後にはその倍以上にすることができました。
今ではスーパーバイザーとしてぴーす鍼灸整骨院の本院を任される私も、最初は挫折からのスタートだったんです。

転機となったのは入社当時から配属されていた院の院長が新院に異動されるということがわかったとき。
二人候補があがる中で一人は私、そして最有力候補が他の人だった、当時の自分は院長になりたいという想いが自己満足からくるものだったように思います。
改めて自分に足りないものを考えなおした時「自分に関わる全ての人に貢献できる人生を歩みたい」と考えるようになり原点にまた立ち戻れた気がしました。
より多くの人と関わりより多くの人を幸せにすることが人生の目的と感じたときに、院長を命じられました。
今は自分に縁のある金沢に移り住み北陸の人を元気にしたいと考えています。

プロフィール/敬称略

石原 脩剛
2013年入社。鍼灸師
ぴーす鍼灸整骨院 東梅田本院院長。スーパーバイザー
ぴーす鍼灸整骨院:
https://www.peace-seikotsuin.com/

CAREER PLAN キャリアプラン

スーパーバイザー・石原が目指すキャリア
北陸エリアはじめ各地に
iCureを広げたい