独立開業を目指す

iCure 1号店 院長

池田 涼太IKEDARYOTA
21歳 柔道整復師 履正社医療スポーツ専門学校 卒業
入社 本町院配属
22歳 ぴーす鍼灸整骨院(当時)入社
心斎橋院 配属
23歳
24歳
25歳 院長 東梅田院配属
26歳 東梅田院 院長
27歳 iCure1号店 淀屋橋院 院長に抜擢

今大阪で学んでいる技術やホスピタリティーを、将来地元広島で活かしたい。

野球をきっかけに進学した専門学校で柔道整復というスポーツ医療に出会いました。21歳の時にプロアマ交流戦で阪神タイガースの2軍と試合ができたことをきっかけに、未練なく医療の道を進むことを決意したことがはじまりでした。
専門学校時代から、将来働く場所が大事だと強く思っていたので、たくさんの接骨院を調べてまわったのですが、そのひとつが今の浜口副社長が院長をされていたぴーす鍼灸整骨院。
その場で浜口副社長にしていただいた矯正治療は自分が今まで経験したものと比べものにならないスピードと技術でした。この技術を習得したい!とこの会社への入社を決意しました。

私がこの会社で学んだ最も大きなもの。それは人として治療家としての在り方です。
今ではiCureの1号店を任されるまでになった自分ですが、入社当時は意識が低く、はじめて配属された院での業績の悪さも自分には関係ないような気でいました。
当時院長だった現エリアマネージャーの努力する姿に感化され朝から晩まで院長に師事いただき、1年後の院長の誕生日にはじめて来患100名を達成することができたのは今でも忘れられない嬉しい出来事です。
そして3年目、一番の人気繁盛院である浜口副社長が当時院長をされる院で副院長に抜擢。将来地元広島で独立したいと考えている自分にとってはマネージメントを学べるあまりに大きな経験のなかで、ひとりでは何もできない、チームだと大きな感動をうめる、ということを身をもって感じることができました。 今の目標は30歳までにiCureを地元広島に店舗展開させること。高いホスピタリティーをもって、人として、治療家として、地元に貢献できる存在になりたいと考えています。

プロフィール/敬称略

池田 涼太
2012年入社。柔道整復師。
iCure鍼灸接骨院1号店 梅田2院長
iCure淀屋橋:
http://www.icure.co.jp/umeda2/

CAREER PLAN キャリアプラン

iCuer1号店院長・池田が目指すキャリア
地元広島で30歳までに
独立をしたい