人を知る PERSON 社員紹介

「統合医療を目指す」という企業理念に
感動し、ここしかない!と感じた

佐藤 公美(徳島県出身:入社3年目)
入社2年目で、グループ1繁忙である人気店に配属。
美容鍼灸師としてのやりがいや、未来への想いにせまる。

入社後、最初に学ばせてもらったのは「人」としての在り方だった

祖父や父が鍼灸整骨院を営んでいたこともあり、昔から医療が身近な存在ではありましたが大学で学ぶなかで、今の医療に足りないものは、患者様の段階によって適した医療を受けることができる、その環境ではないかと感じていました。
そして企業説明会で小泉社長の話を聞いて「統合医療を目指す」というビジョンに感動し、ここしかない!という想いで入社しました。

もともと臨床心理士を目指していたのですが、理由は「心のケア」がこれからの社会で必要とされると感じていたからでした。
この会社に入ってから驚いたことは、入社すぐの新人社員研修で技術的なところ以上に、まず「人」としての在り方を学ばせてもらったこと。患者様の「心のケア」をするためには、高い治療技術はもちろん、「人」としてどう患者様と向き合えるか。人としての在り方だと。
入社後配属された院でも、技術的なことはもちろん、人間として学ばせてもらうことが多く自分の目指す「心のケア」までもできることを知りました。

治療の先に、患者様とそのまわりの方の幸せがあることを知った

ある日、いつもいらっしゃる患者様が元気がないので声をかけたら、プライベートな問題にも関わらず心の内を話してくれ、治療が終わるころには笑顔だったことがありました。

また、なかなか外出することができなかった慢性的な悩みをもった患者様が、治療を通して家族で遊びに出ることができたと嬉しそうに話してくれたこともありました。

治療で身体を治すということは、その方の笑顔や、そのまわりの方の笑顔もつくることなんだと。入社後、そういった経験を通じて、この仕事の目的を感じることができました。

今も私は「美容鍼灸」をしていますが、目的は「美容」ではありません。
「美容」は自分に自信が持てたり、モチベーションをあげるためのきっかけだったりしますが、結果的に心と身体を改善することによって、人生を楽しんでもらいたい。友だちに褒められたと聞くと嬉しいし「美容鍼灸」をしている先に、その人の笑顔や心身ともに健康な姿がある。

将来的には、女性専門の治療院をつくって、女性の健康や美容のサポートをしたいと考えています。
もちろん、マッサージやエステなんかのリラクゼーション単体でもそれはできるかもしれませんが、私が目指すのは「統合医療」患者様に今ベストな治療が何なのかを考え、国家資格をもった私たちがしっかりとしたフォーメーションをもって女性の健康や美容に適材適所で関わっていく。
そんなことがしたいと考えています。

入社1年目のチャレンジで異例の抜擢

この会社の良さのひとつは「チャレンジさせてくれる」ということだと思います。入社1年目のある日、学びたいと思っていた「経絡治療」のセミナー参加者募集の通達が全社に流れました。
行きたいと思いながらも、まだまだ半人前の自分には手を挙げることも許されないと思っていましたが、その時の配属先の院長が「学びたいなら新入社員だろうと関係ない」と背中を押してくれ希望を出すことができました。

そして、複数の希望者のなかから参加者として選んでいただき、結果的に先輩たちの前で講習会や勉強会を開催する側として役に立つことができました。

入社1年目のこの貴重な経験がなければ、今の自分はないと思います。「美容鍼灸」もより早い段階から学ばせていただき現場に出れたことで、入社2年目で一番繁忙である人気院に配属していただけました。

やる気があれば何でもチャレンジさせてもらえるし、「こうなりたい」という自分を実現するための環境・サポートしてくれる仲間がここにはいる!と感じています。

プロフィール/敬称略

佐藤 公美
2014年入社。美容鍼灸師
現在、こいずみ鍼灸梅田院で美容鍼灸師として勤務
こいずみ鍼灸整骨院梅田院:
https://shin9.com/branch/umeda