人を知る PERSON 社員紹介

尊敬する先輩との
出会いが自分を大きく変えた

黒田 亮(大阪出身:入社3年目)
入社2年目で大きな期待を受け東京の院に配属される。
入社3年目の現在、早くも院長候補として目覚ましい成長を遂げている理由にせまる。

この会社なら必ず自分は
成長できる、と確信できた

学生時代いつも二番手や三番手だった自分。
「何かで一番になりたい!」という想いを抱き、この会社に入りました。
入社当初に配属された院で院長をしていたのが、今、東京のエリアマネージャーをしている先輩でした。
愛のある厳しさを持った人で、困ったときでもどんな時でも、いつも未来をイメージさせてくれる存在でした。「この人に掛けよう!」と。この会社なら必ず自分は成長できるし、必ず1番を目指す!と決意することができました。

そこから、先輩のあらゆる行動を真似るようになりました。患者様との接し方・クルーとの喋り方、立ち居振る舞い…
それでも観察すればするほど先輩との圧倒的な違いを感じ、なにくそ!と頑張っている毎日です。

入社直後から心がけていることは、お願いされたこと+αをやるようにすることです。その日々の行いからか、先輩方から認めていただき「院長になる!」という想いで上京しました。その想いとは裏腹に自分が院長になることはできず、ライバルに先を越されてしまいました。

その時は、こんなに頑張ったのになぜ?と気落ちしてしまいましたが、負けず嫌いな気持ちも手伝って東京で配属された院で歴代最高の目標を達成することができました。

患者様もスタッフも自分も、
みんなが笑っている瞬間が幸せ

この仕事のやりがいは、何よりも「人を笑顔にできる」ということです。患者様から感謝の気持ちとともに最高の笑顔をいただけるときに大きな幸せを感じますし、一緒に働くスタッフを笑顔にできることもとっても幸せです。

患者様が笑い、スタッフが笑い、それを見た自分も笑っている、そんな瞬間が何よりも幸せです。大阪出身という事もあって、配属されたどの院でも「おもしろいかどうか」が判断基準になっています。

もちろん、人の役に立つためにたくさん努力はしているし、そのなかで大変だったりしんどい想いもしています。
ただ、スタッフに元気があって笑いがあって、そういう「おもしろい」環境を作ることに努めたいですし、「おもしろい」ことのなかに幸せがあると思っています。

誰でも間違いなく成長できると
思える環境がある

入社してから、地元の友達からは「変わったね」と言われます。確かに、自分が何をやりたいかわからなかったところから、しっかりとした目標に向かっている今の自分の変化には驚かれると思います。それは、一緒に悩んでくれる上司や一緒に戦ってくれる仲間がいることで変わることができたし、この「超基準値集団」の中に入れば誰でも間違いなく成長できると思います。

元々「独立開業する」ことが自分の夢だったのですが、今ではそこにこだわりはありません。
どっちかといえば、こういう人と働きたいな、という人と、好きな場所で働くことができれば、そこの看板に自分の名前が入ってるかどうかにこだわる必要はないんじゃないかと。
それよりも、多くの患者様の健康と笑顔をつくれる存在になりたいと思います。

プロフィール/敬称略

黒田 亮
2014年入社。資格:柔道整復師
現在、iCure人形町院で院長代理として勤務
iCure人形町院:
http://www.icure.co.jp/ningyocho/